ペットメイト オメガプラス

EPA・DHA配合、フレッシュなオイルが
愛犬、愛猫達のつややかな毛並みをサポートします。

必須脂肪酸の一種、オメガ3とオメガ6はそれぞれバランスよく摂取することで健康な脂質バランスに近づけることができます。

理想的にはオメガ3とオメガ6の比率が1:5、といわれていますが、オメガ3は酸化しやすくて摂取量が不足しがちなので、サプリメントでの補給がお勧めです。
新鮮な状態で閉じ込めたカプセルで、ペットの食餌のたびに質のよいオメガ3をプラス。新しいご飯の習慣で、アレルギーをおこしやすい体質のケアや予防にもお役立て下さい。

「ペットメイト シリーズ」は嬉しい“お手ごろ価格”、だけど“しっかりケアもしたい”という愛犬家の皆様のために作られた、新しいサプリメントです。

体の中からつややかな毛並みを応援するオメガ3の補給を!

オメガプラスでは、複数のオイルを配合することでバランスよく必要な脂肪酸の摂取を可能にしました。
魚油に豊富に含まれるEPAとDHAは、ペットの健康的にも不可欠なオメガ3不飽和脂肪酸。これらは細胞膜の成り立ちやはたらきにも大きく関与していることがわかっています。
熱を加えていないフレッシュオイルで、加齢に負けない愛犬・愛猫のからだづくりのためにもお役立ていただけます。

こんな愛犬・愛猫にお勧めします

  • 毛がパサパサしている
  • 皮毛のべたつきが気になる
  • 荒れやかゆみが気になる
  • 抜け毛、フケが気になる
  • 若々しく美しい毛並みを保ちたい

ご使用方法・与え方

ペットの体重1日の目安量
~15kg未満1日1粒
15kg~1日2粒

中型犬種までは1日1粒。
1回ごとにハート型カプセルをハサミでカットすることで新鮮な状態のオイルを食餌に混ぜて与えることが可能です。

1日2粒以上の場合は朝晩に分けて給与してください。

与え方のポイント

  • 食餌に混ぜる場合はハサミでカットして中身を垂らして下さい。
  • そのままで直接与えることも可能です。

ご注意

  • 体質に合わない場合はご使用をお控え下さい。

内容詳細

オメガプラス 主原料
魚油 110mg
亜麻仁油 38mg
月見草油 84mg
ボラージ油 55mg
ビタミンE 3mg
その他の原材料
ゼラチン

魚油(EPA/DHA)

北の冷たい海でとれる脂身の多い魚、イワシ、ニシン、サパ、サケなどにはオメガ3の脂肪酸、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)が多く含まれています。魚の油はとても酸化しやすいので、加熱をせず、すべての工程を一定の温度管理下で行い、オイルを酸素に触れさせない工夫が必要です。

亜麻仁油

麻よりも柔らかくかつ強靭で上等な繊維となる亜麻という植物の種子を搾って得られるのが亜麻仁油。オメガ3の脂肪酸を多く含みますが、亜麻仁油は酸化しやすく鮮度を保ちにくいという特性があり、新鮮な状態で摂取することが望ましいとされています。

月見草油

月見草(イブニングプリムローズ)から得られる油は、必須脂肪酸であるリノール酸と、γ-リノレン酸、α-リノレン酸、γ(ガンマ)-リノレン酸(GLA)を豊富に含んでいます。アメリカインディアンらは、この月見草油をさまざまな症状の治療に用いてきました。月見草は、キングス キュアオール(King's Cure-all:王様の万能薬)とも呼ばれています。

ボラージ油

中東原産のムラサキ科の植物ボリッジ(ボラージ、和名はルリサジ)は、ヨーロッパや地中海のハーブの一種として草月見草の約3倍ものγ(ガンマ)-リノレン酸を含有しているといわれています。γ(ガンマ)-リノレン酸は食品からは非常に得られにくい栄養素で、細胞膜の構成要素としても機能が注目されています。

ビタミンE

脂肪酸の摂取にあたり、摂取時体内での酸化を防ぐためには、ビタミンEとの併用が望ましいとされています。製品の保持にも有益な成分として用いられています。

目やにが多い。涙やけが気になる。 耳の汚れ・痒み・耳ダニ。 脱毛しているところがある。 椎間板ヘルニア 股関節形成不全 お尻を痒がる。下痢をしやすい。肛門膿。 歯茎の腫れ、口臭 ストレス 足を引きずる 膝がカクンカクンする ひじの痛み 腹部の湿疹・赤み・脱毛 手や足をしきりに舐める・噛む