免疫介在性溶血性貧血の疑い

青山 幸代 様 (徳島県) 愛犬名
きんちゃん (約10才)
ゴールデンレトリバー体重:25kg性別:メス色:ブラウン
ご愛用商品天彌エキス
ご使用前の状況免疫介在性溶血性貧血の疑い。
体調から全身麻痺の検査が出来ず、フラつき、貧血、荒い呼吸。血液検査で赤血球がとても少なく、抗生剤とステロイドを使用。
1日の飲用量発症後:2cc → 現在:1cc
きんちゃん ベッドにて

我が家のきんちゃんは2年前に動物愛護管理センターから殺処分前日に引き取った子です。
放浪していたとの事ですが、引き取った時は骨と皮だけの状態でした。その後、鞭虫や子宮癌も克服し、すっかり元気になったと思っていましたが、去年から腸内細菌が増殖し、下痢で年に何度も強い抗生剤を飲ませなければなりませんでした。免疫が落ちているのは明らかでした。そしてある日突然、倒れてしまいました。検査の結果免疫介在性溶液正貧血かもしれませんとの事でした。
抗生剤とステロイドで様子を見る事になりましたが、何か整腸剤も与えた方が良いかと思っていた所、信頼している鍼灸院の先生から、腸の問題が貧血を起こしますよ、この天彌エキスはすばらしいですよと教えて頂きました。

天彌エキスが到着して、最初は1ccを3日程与えました。
聞いていたより臭いは気にならず、犬も全く気にならないようです。便も特に下痢をする事もなく使用前と特に変わった所がありませんでしたので、4日目から2倍の2ccを与えました所、食べる量や内容も同じなのに2倍量の便が出ました。その次の日からはまたいつもと同じ量の便になりましたが、お腹に貯まっていた物がスッキリ出たのかなと思います。日増しに元気になっていき、ごはんの催促や散歩の催促が出るほどになりました。天彌エキスは1ccに戻して継続していますが、抗生剤やステロイドも減らしていき、今は薬は全く使用していません。病院での検査結果も良く今は以前と変わらない位元気です。変わった事は以前よりも便が毎回とても綺麗で安定している事です。

お散歩も行けるくらいすっかり元気に

人も犬も年老いて行けば免疫力が下がると思いますが、きんちゃんは今までの生活や病気により薬剤の使用を考えれば通常よりも免疫力が弱いのかなと思いました。免疫力や腸内環境の大切さを今回本当に改めて感じた所です。
健康食品やサプリメントはあまりにも多くて、実際どれが良いのか迷うばかりでしたが、この天彌エキスが本当に良いと思います。出来る限り愛犬の健康寿命が延びる様、続けていきたいと思います。ありがとうございました。

  • 体験談は飼い主さま個人の感想のご紹介であり、製品の成果をお約束するものではありません。
  • ご紹介の製品は医薬品ではなく、健康食品、又は外用のお手入れ用製品となります。
目やにが多い。涙やけが気になる。 耳の汚れ・痒み・耳ダニ。 脱毛しているところがある。 椎間板ヘルニア 股関節形成不全 お尻を痒がる。下痢をしやすい。肛門膿。 歯茎の腫れ、口臭 ストレス 足を引きずる 膝がカクンカクンする ひじの痛み 腹部の湿疹・赤み・脱毛 手や足をしきりに舐める・噛む